journal記事

発送代行 サービスを利用する時に知っておきたい3つのこと-ネットショップ運営初心者向け-

発送代行 サービスとは?

個人でも簡単に通販を始められるようになった最近では、「在庫を持っているのに通販をやらないのはもったいない。」そんな時代になりました。そんななかでネットショップの運営と並んで悩みの種になる物流業務。ここではそんな悩みを解決してくれる 発送代行 サービスとは何か、またその選定する際に注意すべきポイントを解説します。

 

ShopifyBASE等のECカートを利用すれば誰でも簡単にネットショップを作ることができるようになりました。

 

ただ、ネットショップを作ったからといってすぐに通販を始められる訳ではありません。ネットショップで売るための適正な在庫管理、入荷業務やお客様に届けるための出荷・梱包業務等、通販を行う上で物流業務を避けて通ることはできません。

 

そんな時に代わりに物流業務を代行してくれるのが発送代行サービスです。

 

発送代行サービスとは、配送代行、梱包代行、出荷代行、物流代行などと呼ばれる、特に通販事業者、ネットショップ運営者向けの入荷・出荷・輸送・配送・在庫管理を物流会社が代行するサービスです。代行する業務の範囲は会社により様々ですが、上記の一般的な業務の他に販促用のチラシ同梱作業や簡単な流通加工業務(セット組、シール貼り、タグ付け等)、また海外発送を行う物流会社もあります。

 

ここでは初めての方に伝わるように発送代行サービスの発送代行サービスの種類料金イメージシステム連携の3つにまとめて説明します。また、発送代行サービスにはamazon.comの運営するFBA(フルフィルメントバイアマゾン)やメルカリの出品サポートのことを指すこともありますが、ここでの説明はネットショップ運営者、EC事業者の在庫の出荷を代行する発送代行サービスについてまとめていますのでご注意ください。

 

 

 

発送代行 サービスの種類

 

発送代行サービスとは通販事業者向けの物流業務を代行するサービスと説明しましたが、実は提供する会社によってそのやり方はいくつかの種類に分かれます。

 

  •  Webサービス型
  •  Webサービス+物流再委託型
  •  ワンストップサービス型

 

Webサービス型とは?


Webサービス型の発送代行サービスでは物流業務は行いません。少しわかりづらい説明になりますが、発送代行サービスと括られているサービスの中には実勢にはWebサービス、特に受注管理システム(OMS)や倉庫管理システム(WMS)といったITサービスだけを提供する会社も含まれています。Webサービス型の特徴は業務の効率化を行うITの提供を行い、その他実作業については通販事業者、ネットショップ運営者自ら行う、或いは、また別の代行会社に物流部分を代行してもらうところです。このやり方のメリットはITサービスと物流サービスを分離することでより良いITサービスと物流サービスを自由に選択できることです。

 

特に物流サービスは物流会社が佐川急便やヤマト運輸と契約している運賃タリフ次第で費用面で大きな差が生じます。一方で、全ての物流会社が受注管理システムや倉庫管理システムを持っているわけではないので、コストや品質を重視して物流会社の選定をしても別途システムを用意しなければならないような時に、このWebサービス型の発送代行サービスを改めて選定するということになります。

 

このWebサービス型の発送代行サービスのデメリットとしては、システム部分の運用と物流業務の運用を通販事業者、ネットショップ運営者が管理して運用しなければならない点です。物流会社は提供されたシステムを利用して物流サービスを提供しますが、業務上のエラーが発生した際にシステム要因か物流要因かという点で必ず調査が必要になり、事業者側の管理者はトラブルや調整に相当工数を割かなければならないということも起き得ます。

 

Webサービス型の発送代行サービスはそれぞれを自由に選定できるというメリットと管理を自らが行わなければならないというデメリットがあり、これはある程度事業規模が大きくなって物流系の管理者を自社内で配置できるような中堅規模以上の会社にオススメです。

 

 

Webサービス+物流再委託型とは?


Webサービス+物流再委託型の発送代行サービスは先のWebサービス型に加えて、サービス提供会社側が物流会社を選定し、そこに事業者から請け負った物流業務を再委託します。一見すると物流業務全般の請負に見えますが、実際には別の会社が物流業務を請け負う形になります。このタイプの発送代行サービスの特徴はWebサービスの提供会社が物流会社の営業代行を兼ねる形で運営されており、複数の物流委託先と提携し一つのサービスとして提供しているところです。

 

そのため、ネットショップ運営者の目線では提供できる物流サービスのメニューが豊富であることがメリットとして挙げられます。一方でデメリットとしては、サービス提供会社が実際に物流業務を担うわけではないので、運営時の問い合わせ対応や品質管理について直接現場担当者とコミュニケーションが取れずパフォーマンスが安定しないことです。また、コスト面でもWebサービスの提供会社と物流会社の利益が重複するので全体的に割高になってしまいます。

 

ワンストップサービス型


最後にワンストップサービス型の発送代行サービスについてですが、これは上記のシステム提供から物流業務までを全て自社サービスとして提供するサービスになります。

 

このタイプの特徴はシステム開発、倉庫賃貸、作業員の雇用、運送会社の手配までを全て自社で行うところです。メリットとしては全てを内製化で実現しているため、コスト面でも収益構造上、有利になることや、品質面で自社社員、自社パートの教育により安定させ易い、改善させ易いところが挙げられます。一方のデメリットとしては事業として全てを自社リソースで対応するため、リソース不足に陥りやすく、事業拡張が難しく、事業者の成長に柔軟に対応することが難しいところです。

 

以上の通り、発送代行サービスをWebサービス型、Webサービス+物流再委託型、ワンストップサービス型の3つに分類し説明しました。通販事業者、ネットショップ運営者の規模やフェーズにより最適な任せ方は様々になりますが、大まかに自分の事業規模が大きくなるに従って、ワンストップサービス型からWebサービス型へ移行していくというイメージを持つとわかり易いかと思います。

(ワンストップサービスで対応するSTOCKCREWにご興味のある方はこちらからお問い合わせください。)

 

Webサービス型 Webサービス+物流再委託型 ワンストップサービス型
提供範囲 受注管理システム

倉庫管理システム

受注管理システム

倉庫管理システム

※保管

※入出荷等倉庫内作業

※その他流通加工

受注管理システム

倉庫管理システム

保管

入出荷等倉庫内作業

その他流通加工

物流サービス品質 - 別途、物流会社を選定
物流コスト - 別途、物流会社を選定
事業拡張への柔軟性

 

※再委託によりサービス提供

 

発送代行の料金体系

 

次に発送代行サービスの料金体系について説明します。最近では発送代行サービスが増加し料金体系はだいぶ揃ってきたように思います。ここではスタートアップ〜中小企業向けの料金体系から、ある程度事業規模が大きくなってきた中堅〜大企業向けの料金体系について説明します。

 

スタートアップ〜中小企業向けの料金体系


スタートアップ〜中小企業向けの料金体系で一番メジャーになっている料金体系は「サイズ別のコミコミ料金」です。

 

1点×1件+追加ピッキング費用/1点=◯◯◯円

 

サイズ別に上記の金額が決まっており、表記としては以下のような形になります。また、この料金には会社によって様々ですが、資材費や納品書の同梱費用が含まれるのが一般的です。

 

発送代行 料金表 例

 

この表記ではヤマト運輸のネコポスを利用した3点×1件の出荷の場合、1点×1件の出荷・梱包費用として300円と追加の2点に30円がかかるので合計360円になります。

 

また、ここに入荷費用や保管費用が加えられることが一般的ですが、会社によってはそこもコミコミになっている場合もあります。また保管費用についてもサイズ別に1点/日で料金化されることが多いですが保管費用の三辺サイズの計算には注意が費用です。(「三辺サイズ合計の罠」について詳しく興味ある方はこちらをご確認ください。)

 

そして初心者の方が一番気になる金額感ですが、ヤマト運輸の60サイズのコミコミ料金で600~700円くらいが相場になっています。単純な料金の比較だと佐川急便の方が少し安価に抑えることが出来ますが、一方で佐川急便ですと60サイズ以下の価格帯がなく、Tシャツ1枚を発送するにしても60サイズの料金が適用されてしまい結果的に割高になることがあります。

 

 

上記のリンクで代表的なヤマト運輸、佐川急便、日本郵便のメリット・デメリットを解説していますので、運賃の部分でもっと工夫して安く抑えたいという方は確認してください。

 

スタートアップから中小企業向けの料金体系の特徴はその分かりやすさです。非常にシンプルな料金体系になっており、概算の見積り時点で実際の請求金額が異なってくることはほとんどありません。一方でこういった料金体系は多くの通販事業者・ネットショップ運営者向けに作られており、個別の要件を加味していないため、料金表としての柔軟さはやはり見劣りします。ある程度の規模感のある事業者や特殊な運用を必要とする事業者にとっては少し利用しづらい料金表と言えます。

 

中堅企業〜大企業向けの料金体系


中堅企業〜大企業向けの料金体系の特徴は「細かく個別にお見積もり」です。

 

従来型の物流業界の料金表はほとんど全てがこの「細かく個別にお見積もり」のパターンでしたが、通販の発展により細かく見積もりを出しきれないという事情で生まれてきたのが上記の「サイズ別のコミコミ料金」だと思って頂いて大丈夫です。そのため、現在でも中堅企業以上の規模感の物流では細かく料金設定されているというのが一般的です。個別の内容になってしまうので、詳述は避けますが、基本的には個別の見積もりを取得した方がコストは下がる傾向がありますが、一方である程度規模感がないと物流会社が個別の見積もりに応じないこともあるのでそこは要注意です。

 

個別の料金表がコミコミ料金より安くなる理由としては、物流業の原価がモノの形に大きく依存することが主な原因です。ITサービスであれば、ベッドもお菓子も同じ1行のデータですが、物理を扱う物流業では同じ1行を扱うにも工数は大幅に変わってきます。これがサイズだけであればまだ簡単なのですが、実際には掴んだ時の掴みやすさ、モノの識別のし易さ、更には、納品元の工場や商社の納品品質に到るまでありとあらゆる物理的作用が影響を及ぼして料金が決まっていきます。そのためコミコミ料金を設定する際にはある程度、イレギュラーが発生することを想定して原価にリスクを乗せたかたちでの料金体系になるので、どうしても割高になるのです。

 

イメージとしては月間数万件の出荷規模になった場合にはコミコミ料金よりも個別料金での交渉を物流会社と行うと更なるコスト削減を期待できると思います。そのくらいの物量があればある程度詳細に業務要件が明らかになっているので、物流会社も過度にリスクを計算することなく安心して料金提示が出来るようになります。

 

 

システム連携

最後に発送代行サービスを選定する際に注意すべき内容としてシステム連携について解説します。発送代行の費用面での影響はあまり大きくありませんが、実際の運用になるとこのシステム連携は日々工数にとても大きな影響を与えます。

 

CSV連携


CSVとはComma Separated Valueの略語でデータをカンマで区切った値のことを指し、またこのデータ形式で生成されたデータをCSVファイルと呼びます。CSV連携はスタートアップ時期には大変お世話になるデータ形式で安価に通販・ネットショップを立ち上げようと思った際には何かとお世話になります。

 

CSVファイルは各ECカートで様々なデータとして出力できます。受注ファイル、出荷実績ファイル、商品マスタ、在庫データ等様々なデータが出力できるようになっており、最初期ではこれらのデータを発送代行を行う物流会社に共有することで運用が回っていきます。

 

この汎用性が非常に高いCSVファイルでの運用ですが、デメリットもあります。それは「手間」です。発送代行サービスを利用する目的としてはコストを抑えることもありますが、何より手間を省きたいというのがありますが、このCSV連携は日々必ず何らかの方法で物流会社にデータ送受信を行う必要があるので、根本的な手間の削減には限界があります。

 

※CSV連携時に発生する手間の事例

商品マスタの連携・・・新規商品の追加時、また、商品コードや販売価格等の納品書記載データの変更時

在庫データの連携・・・通常の入出荷以外の特殊な荷動きが発生した時。

受注データの連携・・・毎日。通常、毎日12時から14時の間で発送代行会社へのデータ送信。

出荷実績データの連携・・・毎日。通常、毎日17時から19時の間で送状No.記載の実績データを発送代行会社より受信。

出荷実績データの登録・・・毎日。受信した実績データをECカートにCSVアップロード。

 

これらの業務を日々必ず行わなければならないのがCSV連携の最大の欠点です。そんな手間を削減して業務の完全自動化を実現するのが次に紹介するAPI連携です。

 

 

API連携


APIとはApplication Programming Interfaceの略語で、各システムのソフトウェアの一部を公開することで他のソフトウェアの機能を共有できる仕組みです。発送代行サービスに関係するとこでいうとECカート側の受注管理の情報を発送代行サービス側のソフトウェアに一部共有することで、情報連携を自動化するということができるようになります。この機能を使うことで在庫数の変更や日々の受注データ、出荷実績データを互いに共有し、人の手間を削減できるというものになります。

 

最近ではECカート側も積極的にAPIを公開しており、情報連携にかかるコストはどんどん下がっております。また、標準化されたAPIが公開されることにより物流会社側も主要なECカートのAPIについては事前に実装することが出来るようになり、新規の事業者も最初から自動化された運用を行うことが出来るようになっています。

 

新規の事業者の方でこれからカート選びをするという方はこのAPI連携の可否というのは必ず確認された方がいい重要なポイントです。API連携されたオペレーションは日々の業務としては実績照会を行う程度で物流業務に関わる工数を限りなく0にできます。そうすることで商品開発やマーケティングに貴重な時間をより割くことが出来るようになります。発送代行サービスの選定の際には必ずチェックしてください。

 

最後に

ここまで発送代行サービスの分類・特徴、料金体系、システム連携について解説しました。まだまだ大雑把な内容なので詳細には細々とした特徴がありますが、このあたりの情報を頭に入れて発送代行サービスの選定を進めれば大きな失敗はしないと思います。まず、とりあえず、色々と話を聞いてみたいという方はお問い合わせからご連絡ください。当社の営業担当からより詳細な説明をさせて頂きます!