journal記事

ネットショップの開設にかかわるお金の話-助成金と補助金-

コロナで変わる働き方と生活様式

 

個人も企業も変化する


コロナが流行り始めて、早いもので一年が経ちました。この1年は、日本中の働き方や生活様式が見直された年になった印象です。

・テレワークの普及により、移動時間がなくなった、

・電子契約などが進み、工数の多い作業から解放された、

・コロナ感染が怖いので飲みに行く回数が減った、

このように、コロナ前の生活と比べて、第三者との接触(付き合い)の時間が減った分、自分自身の自由な時間が増えている人が多いのではないでしょうか。

 

また企業側、特にコロナで売上減少が目立つ業界は、会社の存続企業を第一に考え、何とか利益を出さなければならない状況です。

緊急事態宣言などの影響もあり、店舗を構えて事業を運営する業界・会社は大打撃です。しかし、コロナだからといって人員削減やリストラといったことを、大っぴらには言えません。

そこで最近よく聞くのが、”副業解禁”の流れです。

働き口が増えると喜ぶ人もいるとは思いますが、都合のいいことをいったリストラとも言えるような会社も事実存在します。

 

政府の支援で新しいことをはじめる


 

非接触が推奨されるこの環境下で、自分自身の時間が増え、副業が解禁され、ShopifyやBASEのようなネットショップが手軽に作れるようになったことから、これから自分好みのネットショップを運営しようと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

そのネットショップの開設、政府から資金調達ができるかもしれません!

 

資金調達?政府から?と思う人も多いかと思います。今回は新しいことをはじめるときに知っていてほしい「助成金」「補助金」について説明します。

 

 

 

助成金と補助金とは

 

助成金とは


 

管轄は主に厚生労働省。支給要件を満たしていれば、受給を受けることが可能です。予算を使い切るまでは支給されるため、受給ハードルは比較的低いです。

 

補助金とは


 

管轄は主に経済産業省。公募を行い、内容を審査した後、審査に通った案件のみ受給が可能。審査があり、門も広くないため受給ハードルは高いです。

 

 

助成金は、基本的に国が予算内であれば、要件満たせば基本的に受給可能であり、補助金は、審査に通ると受給可能です。つまり、助成金は早い者勝ち、補助金は抽選というイメージでしょうか。

 

弊社でも、2020年は「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」を申請して、受給しました。

一報、補助金関連では、「革新的事業展開設備投資支援事業」の補助金に申請してみましたが、審査を通過できず受給はできませんでした。

補助金を受けることはハードルが高いと、実体験からも学びました。是非みなさんも自分の新しい挑戦が関係する助成金があるかもしれないので検索してみてください。

 

 

通販に特化した助成金

 

ここで、最近見つけた助成金を紹介したいと思います。

「ECサイトを活用した東京の特産品の販路開拓」に関する助成金です。応募の事業者が少なかったのか、募集期間が2021年3月19日まで延長されております。(※ 募集企業数に達した場合には、募集期間中でも募集を終了)詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。

 

この助成金の概要を紹介します。

 

【当助成金の概要】

コロナ禍における東京の特産品の販路拡大を後押しするため、東京の特産品を取り扱う都内中小企業等のECサイト活用を支援。

具体的には、東京の特産品を取り扱う都内中小企業等がインターネット・ショッピングモール「楽天市場」へ新規出店する場合(既存プランもあり)、出店料等の2分の1の金額(上限15万円)を東京都が負担します。また、初めての方でもスムーズにECサイトへの出店や、ECサイトの開設ができるよう、きめ細かくサポートを実施。

※BASEは、初期費用・月額費用は無料のため出店支援サービスのみ受けることができる。

 

【支援内容】

1.新規出店の費用の一部負担

楽天市場へ新規出店する場合、初期登録費用と1年間分の出店料を合計した金額(税抜)の2分の1(上限 15 万  円)を東京都が負担します。(楽天市場の出店プランのうち、原則として「がんばれ!プラン」による新規出店を支援)

※発生費用と負担例

内容 金額(税抜)
初期登録費用 60,000円
月額出店料19,500円/月 234,000円
支援対象額合計 294,000円
東京都負担額(1/2負担) 147,000円

 

2.楽天市場内に開設する特設ページに出店者の特産品を掲載

3.BASEの場合、ショッピングサイト「JTBショッピング」内に開設する特設ページにECサイト開設者を掲載

4.出店・サイト運営のサポート

①新規出店の相談窓口が設置されるため、新規出店に関する相談が可能。

②EC サイトを活用して売り上げを伸ばしていくためのポイントなどについて、オンラインセミナー等でサポート。

③楽天市場及び JTB ショッピング内に開設する特設ページへ誘引するため、デジタル広告等のプロモーションを実施

 

 

 

今回は、補助金と助成金の活用について記載させていただきました。

助成金の受給は比較的ハードルが低いので、積極的に活用してみましょう!また、早い者勝ちなので、情報キャッチアップが重要になります。

 

助成金の具体例として「ECサイトを活用した東京の特産品の販路開拓」について概要を記載しましたが、より詳細な情報は、公式サイトを確認して申請の検討をしてください。

みなさんの新しい挑戦に少しでも役立てば幸いです。