journal記事

モール・カート紹介 ~ BASE 編 ~

ECショップを始めるにあたり、色々なモール・カートがあります。

どれを選んでいいか分からない、違いが分からない方向けに各モール・カートを基本情報や特徴、メリットデメリット等を紹介していきたいと思います。

今回紹介するモール・カートは「BASE」です。

現在、日本でトップレベルの導入実績を誇っているカートがBASEです。

実際に弊社でもBASEを利用したお客様は増加傾向にあります。

なぜそんなに人気なのか?簡単に説明していきます。

 

BASEの魅力とは?

 

 

初心者必見!最大の特徴は『月額無料』

BASEの最大の特徴は月額使用料が無料となっています。つまり、ECショップを開設しても商品が売れるまでは費用は一切発生しません。その為、新しくECショップを始める初心者の方に圧倒的な人気を誇っています。

では、費用が発生タイミングはいつなのか。それは、商品が売れたときに手数料が発生します。

 

詳細な料金は以下の通りです。

月額費用 無料
決済手数料 売上×3.6%+40円(商品毎)
その他費用 サービス手数料として売上×3%、振込手数料

 

例えば、1,000円の商品が50個売れた場合には、

1,000円×50個=50,000円

決済手数料50,000円×3.6%=1,800円+40円=1,840円

サービス手数料50,000円×3%=1,500円

50,000円-1,840円-1,500円=46,660円

 

このような計算方法となります。

月額費用が無料である一方で、手数料については他のモールやカートより割高になっています。

また、決済手数料の40円は商品毎に発生しますので多くの種類に分かれる商品を販売するのみはデメリットとなります。

それでも売れるかどうか不安な初心者の方へ向けて月額無料は大きなメリットです。

 

とにかく簡単!サポートも充実

2つ目の特徴は簡単に販売開始まで進められることです。ECショップを始めると、決済方法の設定や送料の設定、ページ設定など最初の設定が難しく実際の販売開始まで時間がかかってしまう事もあります。しかし、BASEではあっという間に販売開始まで進めることが可能です。決済方法では、クレジットカード・キャリア決済・銀行振込・Pay-easy・PayPal・後払いの6つの決済がすぐに始めることができます。また、ページ設定でもテンプレートを組み合わせるだけで、簡単におしゃれなページを作ることも可能です。

初めての方向けには、オンラインでのチャットや定期的なセミナーも開催されておりECショップ初心者向けのサポートが整っています。

デメリットとしては簡単故にページのオリジナリティが低くなってしまう事です。複数のテンプレートがあるものの多くのショップがあるインターネットで、他のショップとの差別化を図りたいという人には不向きかもしれません。

 

シンプルな基本システム、多彩な追加機能

BASEの基本システムはいたってシンプルです。その為、すぐにでも販売開始することが可能です。

さらに優れている部分として追加機能が充実している点です。

BASEには多くのappと呼ばれる追加機能があり、色々な機能を無料で追加することが可能です。

追加出来る機能としていくつか例をあげてみます。

 

[ショップのルール設定の追加]

送料詳細設定:地域別の送料設定や○○円以上送料無料などの設定

配送日時指定:注文時に配送日指定できるようにする。

商品の検索機能:商品を簡単に検索できる機能の追加

英語・外貨対応:ページを英語に設定し外貨に対応

 

[商品のルール設定の追加]

カテゴリ管理:商品をカテゴリ別に管理

数量制限:1回の注文で購入できる数量を制限

定期便:リピート商品向けに定期販売が可能

 

[集客向け機能]

広告機能:インスタグラムやTwitterに広告を掲載

[お客様満足度向上]

クーポン:割引クーポンを作成、有効期限や回数制限も可能

レビュー:購入者向けのレビュー機能の追加

メルマガ:配信料無料でメルマガの配信

 

その他にも様々な機能を追加することが可能で、ECショップ中級者でも満足度の高いページ設定をする事が可能になっています。

 

 

最後にBASEのメリット・デメリットからどんな方が向いているのでしょうか?

[ECショップ運営初心者]

店舗運営やパソコンの知識がなくてもすぐにショップを開設できる仕組みがそろっています。

また開設後のサポートも充実しており困ったときにも安心して相談ができます。

 

[独自の集客ルートがある人]

多くの方が利用しているBASEだからこそ、露出度はどうしても下がってしまいます。しかし、独自の集客ルートがあれば自身でお客様を呼び込むことができるため、売上も期待できるでしょう。

 

[初期費用を用意できない人]

BASEは月額固定費用をかけずにショップをオープンすることができることが最大のメリットです。

そのため「売れるかどうかお試しでやってみたい」という人も、一切のコストをかけずにチャレンジすることができます。

BASEの機能を活用することで、十分にショップ運営はできます。

将来的には実店舗を持ちたい人、自分のブランドを広げていきたい人のスタートの場としてもBASEは活用できるでしょう。

 

[売る販路を広げてみたい人]

実店舗を持っている方は、それ以外に販路を持たないことも普通でした。

例えば実店舗はあるけど遠方の人にももっと商品の魅力を知ってほしい、ネットショップやSNSで知った人を実店舗に誘導したい、そんな人にもBASEはおすすめです。

 

今回は、カートのBASEを利用する際のポイントを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

BASE以外にも様々なモールやカートの対応実績がございます。

相談してみたい、発送代行サービスに悩んでいるという方は是非お問い合わせください!