journal記事

物流をわかりやすく考える
~アウトソーシングについて~

EC物流をアウトソーシングするとは

 

ネットショップを開業し少し軌道に乗ってきたかな、というタイミングで一度は配送業務などの”物流のアウトソース”を検討したことはあるのではないでしょうか。事業がうまく行けば行くほど、商品開発やマーケティング、資金の確保などやらなければいけないこと、もっとやりたいことは増えていきどうしても日々のルーティンワークに割ける時間は減っていきます。そのような状況の中でも、物流業務は定型化業務かつ、品質を数字で表現しやすいのでアウトソース(他社へ委託する)に向いている業務の1つです。

しかし、いざ実際にアウトソースを検討しようと思うと、誰にどうやって問合せればいいのか?、物流会社と打ち合わせをしたが専門用語が多くてよくわからない、なんてことがしばしば起こります。
ここでは、物流業界の専門用語やEC物流の基本的な流れを簡単に説明します。

 

物流をわかりやすく考える~そもそも物流とは?~でもご紹介しましたが物流は大きく分けて、保管・荷役・輸送の3つの機能に分かれ、これはECの物流でも同じ機能構成になります。この3つの機能にあわせて用語をご紹介します。

 

保管のポイント

 

保管はモノを売れる状態(価値)に保全する業務です。イメージとしては、モノを大事に「何もしないで」置いておくことなので、発生する費用のほとんどは倉庫賃料です。ここまではわかりやすい内容ですが、いざ実際に費用項目として考えると結構分かりづらかったりします。

保管費用の請求方法は、代表的なもので坪貸し・個建(ピース・ケース・パレット)・立米建があります。

 

①坪貸しとは
使用するであろうスペースを予め確保しておく方法で物量の増減が不安定な時に提案されることが多いです。
②個建とは
物流費を変動費化することができるので波動の大きい時に提案されることが多いですが、多少割高になります。
③立米建とは
個建と同様に変動費化できることが特徴ですが、商品のサーズがマチマチかつ商品のサイズが未確定な時に提案されることが多いです。

 

EC物流では、③立米建ての請求方法が多く、実際には商品単体のサイズが小さいため立米ではなく三辺の長さの合計別に物流単価が決まっているケースが多い印象です。

 

 

荷役のポイント

 

 

①入荷業務

トラックで倉庫に届いた時にトラックから倉庫に荷降ろしをする業務です。この業務は大きく分けて、トラック(コンテナ)入荷とケース入荷に分かれます。多くの倉庫がそれぞれの業務に対して単価を設定しています。

 

②入荷検品

倉庫に商品が入った際に行われる検収作業です。売買契約によっては、倉庫への入荷時に商品の引き渡しが成立することがあります。そのため、荷主として受領時に誤った商品や数量違いを避けるために行われ作業です。
検収作業内容としては、外装検収・数量検収・内容検品/員数検品があり、検収作業の程度により順に費用は高くなりますが精度も高くなります。どの検品を行うかは商品の価格や仕入先の信頼度によって変わります。

 

③ピッキング

倉庫内の荷役でもっとも工数のかかる作業の一つです。業務内容は、受注や出荷指示に基づき、単品の保管棚やネスラック、重量ラックと呼ばれるパレット用の保管棚に商品を取りに行き、指示通り出荷できるように荷揃えします。複数のオーダーの商品を同時に取る“トータルピック”や、受注単位で作業する“オーダーピッキング”、大きなロットで複数の届け先に出荷する“アソートピッキング”など、作業の種類も多種多様にあり受注の用途・条件別に作業方法を変更し効率よく作業をすることが倉庫運営で求められます。

 

④出荷検品

入荷検品の内容検品や員数検品と同様の作業を出荷時にも行い、間違った商品を出荷しないように再度検品を実施します。ネットショップで購入したお客様の場合、特に誤った商品を納品した場合クレームの要因となり、サービスレベルに与える影響が大きいため基本実施する作業項目です。
また、検品と同時に出荷物の内容明細を作るのが一般的で、商品に同梱されている納品明細はここで作られます。

⑤梱包

ここまでの作業工程を経ていよいよ箱詰めをし、送り状を貼付し運送会社に引き渡します。EC物流では、購買時の販売セット率(1件あたりの平均購入点数)によって作業工数が大きく変わるため、③ピッキングの費用とは別に梱包費用を請求することがあります。これは一人のお客様が複数の商品を購入するか、単品で購入するかの比率によって決まってくることが多いです。

 

 

 

輸送のポイント

 

 

昨今、何かと注目度の高い輸送・配送ですが、取り沙汰されているのはドライバー不足による配送料の高騰です。実は配送料の高騰については単純なドライバー不足だけが原因ではないのですが、趣旨がずれてしまうので、別のコラムで説明します。
EC事業を営む上でこの輸送・配送はサービスの生命線であり、また、費用負担がかなり大きな部分ですので今後の動向にも注意が必要です。

 

 

 

今回は、EC物流をアウトソーシングする際に役立つ物流基本情報をご紹介しました。物流も仕組みを理解すると、みなさんにも物流会社側にもメリットがあります。相互理解によって物流会社とよいパートナーシップが構築できれば、アウトソーシングしても安心です。是非、こちらの内容をご活用ください。