journal記事

物流をわかりやすく考える
~そもそも物流とは?~

物流における3つの機能

EC(ネット通販)が日々成長するなかで物流の重要性はますます高まっていますが、簡単そうに見えてなかなかわかりづらい業務が「物流」です。今回はこの物流の基本となる機能についてご紹介します。

「物流」と一言で言っても、最近ではテクノロジーやITの進歩もあり定義付けが難しくなってきています。
しかし、物流という古い産業を理解するために難しい単語は必要ありません。なぜならば物流の機能は以下3つの機能で十分説明が可能だからです。

 

  1.保管:モノを倉庫に置く機能
  2.荷役:モノを倉庫内で動かす機能
  3.輸送:モノを倉庫外で動かす機能

 

物流はこの保管・荷役・輸送の3つの機能で出来ています。これはどれだけ最新の設備を備えた大型の倉庫であろうと、家の近所にあるガレージであろうと変わりません。もちろん、家の近所のガレージと最新設備の倉庫・物流センターではこの機能に対して、期待される能力・成果は大きく異なります。しかしそれはあくまで期待する機能に濃淡があるということであって、保管・荷役・輸送が発生しない倉庫・物流センターはありません。
それではこの3つの機能について詳細をご案内します。

 

 

 

「保管」とは

ECだけではなく、商品を売る物販を行う上で「在庫」は常に頭の痛い問題です。在庫がなければ売上が作れませんが、在庫が多すぎると売れ残りになってしまいます。

実は「保管」という機能は経済活動を行う上で革命的な機能として誕生しています。農耕革命が実現出来たのは、安定的に自分たちが必要とする以上の生産を「保管」することが出来るようになったことがきっかけです。それ以前の狩猟社会では、生産物の消費期限の観点から保管することは困難かつ、物理的に保管するという機能(建物)がなかったため、保管しようという発想自体ありませんでした。
しかし、保管をする場所=倉庫が誕生したことにより、ヒトは将来消費する生産物を、初めは安全のために保管するようになり、次に価値を移転させるために取引するようになりました。

まとめ
・「保管」は、今から将来に価値のあるモノを予め確保しておく機能

 

 

「荷役」とは

「荷役」という文字自体が少々敬遠されがちな印象を与えますね。力仕事を延々と行なっている、物流業が肉体的に厳しい業界であるイメージを与える代表です。そして、その印象は概ね正解です。

物流の荷役は言葉のイメージとは裏腹に、ここ50年で求められる機能が大きく変容してきました。50年前までは物流の荷役といえば大きなロット(ケースやパレット)でモノを整える機能かつ、大型輸送を前提としていました。業務用スーパーで取り扱われるような箱単位○○kg等のがサイズのイメージです。
しかし消費ニーズが多様化するに従って商品自体が小ロット多品種化し、倉庫で荷役に求められる機能も小さなロット(ピースやセット)へと変わっていき、ECが世の中に浸透するに従いその傾向はより顕著になっています。

この変化でも分かるように荷役に求められる機能は、届け先側がどのような状態でモノを受け取りたいかで変化してきました。これはこれからも変化し続け、これらの変化に適した倉庫内の運営が物流業界に求められます。

まとめ
・「荷役」はモノを求められたカタチに整える機能

 

 

 

 

 

「輸送」とは

価値のあるモノが「保管」され、「荷役」により届け先側が求めるカタチで準備が整いました。あとはこのモノを届け先へ届けなくてはなりません。

モノの価値は色々な場面で変わりますが、場所が変わる時ほど価値が変わることはなかなかありません。世界最古の株式会社である東インド貿易会社は香辛料をインドから英国に移動=輸送させることでその価値の変化により大きな富を得ました。グローバル化が進むことにより各国、各地域で産業に特色を持つようになった現代においてはこの傾向はむしろ加速度的に増しています。この一見、非常にシンプルに見える輸送という業務がモノの価値を変動させ経済活動の大きな原動力になっています。

まとめ
・「輸送」はモノを必要とするヒトへ届ける価値を変動させる機能

 

 

今回は物流の基本的な機能、保管・荷役・輸送を紹介しました。保管は価値を保全し、荷役は価値を整え、輸送で価値を変動させると少し大げさにお伝えしました。
しかしそう思うと物流って少し面白くないですか? 一見、当たり前に見える物流という産業が、実は経済活動のとても重要な役割を担っているということが少しだけでも伝われば何よりです。ぜひ、みなさんもこの機会に物流を少し踏み込んで考えてみるのおもしろいかもしれません。