journal記事

『確かな知識と経験で作る全身に使えるケア商品』を販売するRESPLE organics

肌と髪を知り尽くした“シャンプー”の販売を手掛ける株式会社ストレイン様。
本来はサロン専売品だった『RESPLE organics』をECにて一般販売されるようになりました。このような販路拡大までのお話を株式会社ストレイン・福井様にインタビューしました。

 

RESPLE organics公式サイト

 

 

肌や髪に優しいオーガニックシャンプー『RESPLE organics』

 

 

―貴社で取り扱っている『RESPLE organics』について教えてください。

 

福井さん:

美容室も経営している弊社代表が、こんな製品があったらいいなという思いを持って商品選定を行っていましたが、なかなか思うようなものに出会えませんでした。
それならばいっそ、自分たちで作ってしまおう、ということになりました。

更に私の元エステティシャンとオイルソムリエの知識を活かし、2020年に商品をリニューアルしました。

 

 

―オイルソムリエというのは、このような美容関係のオイルの知識ということになるのでしょうか?

 

福井さん:

いいえ、身体の外側(アウター)につけるオイルから、食用など摂取する(インナー)オイルまで、オイル全般に関しての知識が必要です。
私のオイルソムリエとしての知識を取り入れ、リニューアルした『RESPLE organics』に関しては、肌や髪が喜ぶ成分をふんだんに含んだ『ホホバオイル』、その中でもとくに完全オーガニックで美容成分が最大限に残っている『ゴールドホホバオイル』を配合しています。
これによって、老若男女問わず、そして全身にこれ1本でご利用いただけます。

 

 

もともとはサロンでしか入手できなかったプレミアムシャンプー

 

―『RESPLE organics』はもともとサロンでしか手に入らなかったとうかがいましたが、その理由を教えてください。

 

福井さん:

『RESPLE organics』は“サロン専売品”と申しまして、サロンでしか販売しないという契約で卸していました。そのために一般販売は原則行っていませんでした。

しかし、サロンで購入されたお客様からの問い合わせ件数が増えてきたこと、それに加え、原材料の入手の関係から1年半ほど前に商品をリニューアルした経緯があります。
そのタイミングでサロン専売品からサロン“ユース”品とし、弊社での販売に踏み切りました。

 

RESPLE organics SHAMPOO

 

 

EC業務はひとりですべて対応

 

自社サイトと他モールの利点と弱点を見極める


 

―サロンユース品に切り替え、御社での販売は最初から自社サイト内での販売、という流れになりますか?

 

福井さん:

はい、自社サイトにオンラインショップを設置し、そこからBASEでの販売ページにリンクさせています。
BASEを選定した理由は、知り合いがすでにこちらでEC販売をしていて、いろいろと教えてもらいやすかったのが第一の理由です。そのほかにも気軽に始められる、管理しやすい、手数料が安いといった点もメリットです。

 

―ほかのショッピングモールなどの利用は考えられなかったのですか?

 

福井さん:

以前、ヤマダモールさんから営業をいただいて条件が合ったので利用していました。そのほかにもヤフーショッピング、Amazonにも出品していたことがあります。

 

 

―現在はすでにそれらは利用されていないのですか?

 

福井さん:

はい。これらを止めた理由は、思ったほど販売数が伸びなかった点が挙げられます。
そのほかにも日々の事務作業の手間が多すぎる、やりとりが煩雑で細いため割りに合わない、と感じた点も大きかったです。
いずれの場合も赤字になるほどではありませんでしたが、ほかの業務との兼ね合いでこうした事務作業を削減したかったので利用をやめてしまいました。

 

 

ルーティン業務を取り除いてコア業務に集中


 

―ちなみにEC業務は福井様おひとりで担当されているのですか?

 

福井さん:

そうなんです。ECに関する事務作業からマーケティングまでほぼすべてを担当しています。なので、出産ギリギリまで仕事をしていました(笑)
このような状況なので、できるだけルーティン的な事務作業は減らし、マーケティングや販売戦略を練る時間を増やしたいという事情があります。

 

 

―そうした事情からSTOCK CREWをご利用いただいている、というわけですね!

 

福井さん:

はい。STOCKCREWは『ECのミカタ』さんで見つけました。
選定理由としては、予算、弊社の物流量に適しているか、受発注における日々のやりとりの負担が大きくないか、商品保管環境が適しているか、要望にどれだけ臨機応変に対応していただけるか、といった点を中心に考慮しました。

STOCK CREWに発送代行をお願いする前は、自分一人で伝票を作成して発送……という作業を午前中いっぱい、場合によってはお昼過ぎまで行わなければならなかったので、大変負担になっていました。
それがなくなったおかげでマーケティング施策を考えたりなどの時間が増やせましたので、好循環になっていると感じます。

 

 

―STOCKCREWを利用してよかったと感じる点を教えてください

 

福井さん:

 

専用のオンラインチャットで疑問があるとすぐに教えていただけるのは、かなり助かっています。
また、BASEから自動で受注を一括で請け負ってもらえる点もありがたいです。基本的にキャンセルなどの問題がなければこちらから連絡せずともBASEからの受注~発送業務までが完了してしまうのは、ECを行う上ではかなりの業務軽減につながると感じています。
受注、発送業務の負担がかなり減り、そのほかの業務に時間を割けるのはなによりのメリットです!

 

 

―ありがとうございます!ちなみに、物流代行を依頼するタイミングを見極めるポイントはありましたか?
物流代行を検討していただいている皆さんへの先輩からのアドバイスとしてお聞かせください。

 

福井さん:

業務全体の1/3を発送業務が超えてしまうと負担になるので、それ以上は物流代行にお願いしたほうがいいと思います。
ほかの手段として発送をパートさんを雇う方法もありますが、退職や休暇など人員の出入りが出てしまいます。人が入れ替わるたびに引き継ぎ業務が発生し、これがかなりの負担になります。

こうしたことを考えるとコスト面からしても、発送業務が増えてきたら物流代行への依頼をおすすめします。

 

RESPLE organics全商品

 

 

ECでも、お客様に“寄り添う”接客を心掛けて

 

―EC運営にあたって気をつけていることを教えてください。

 

福井さん:

発送業務がなくなった分、SNS(Instagram、Facebook、Twitter)に加え、BASEのブログ、メール配信などを利用した情報配信(キャンペーン情報、新商品情報、美容コラムなど)に注力しています。
美容コラムは、商品紹介に偏らないようにオイルソムリエ目線で伝えたい内容、みなさんが知りたいと思われるような内容と季節を絡めています。

 

そのほか、お客様に対しては“寄り添い系”の対応を心がけています。
ほかのECでは問い合わせはメールだけ、そのメールもレスポンスが悪いといったケースに私自身も遭遇してきました。それを反面教師として、お問い合わせはメールのほかにも電話やチャットでも受け付けるようにしています。もちろん早期対応、そして丁寧な対応を心がけています。プラス、お問い合わせにはなるべくプラスアルファの要素も加えるようにしています。

 

 

―最後に、今後のECへの取り組みなどを教えてください

 

福井さん:

現状、ECでの販売チャネルはBASE一本ですが、Amazonなど別チャネルでの販売も検討しています。そのほかにも実店舗での販売から越境ECまで視野に入れています。

 

基本的に弊社は代表と私の2人で運営しており、さらにほかの事業を掛け持ちしていますので、いかに効率よく、お客様の期待に応えつつワクワクしてもらえるかを考え、商品開発や情報発信を行っていこうと考えています!

 

 

<株式会社ストレイン様 基本情報>

SHOP名:RESPLE organics   https://resple.theshop.jp/

取扱商品:ヘアケア商品

 

STOCKCREWへのお問い合わせはこちら!